集めた切手を保管する方法は?

一般的な切手保管の方法

新発行の記念切手を郵便局で買う場合は、1枚だけ買うことは少なく、シート単位か多数がつながったブロック状態で買うことが多くなります。この場合、切手専用のシートファイルに収納して保管します。古い時代の記念切手を切手商などから買う場合は、1枚単位で買うことが多く、ストックブックに収納して保管します。ハガキや初日カバーも集めるのであれば、それ専用の保管用品がありますので、それを活用することにします。
保管に際しては、湿気や日光によって切手が変質したり変色することがありますから、切手を傷めるこのような原因から遠ざけることが大事です。また、切手の出し入れの時に、表に汚れが付いたり裏の糊に指紋がついたりしないよう、切手専用ピンセットで扱うことになります。

上級者の保管方法は特殊

上級者の保管方法となると少々特殊で、ストックブックなどの一般的な保管方法も一時的保管として用いますが、最終的な形としては、切手アルバムに整理して保管するものとなります。
切手アルバムは、ルーズリーフ式のバインダーとリーフ(ページ)とから成り立っていて、リーフは厚紙でできています。このリーフに、透明プラスチックフィルムでできた切手保護材のマウントに包んだ切手を貼り付けて保管するのです。マウントの裏には糊が塗布されていますので、水で湿らせるとリーフに貼り付けることができます。リーフには文字が書き込めますので、切手の名称や特徴などをペンで書き込みます。専門的な収集になると、変種などの特殊で稀少な切手を重点的に集めますので、その切手の特徴の書き込みなどをしたくなるわけです。

人気記事ランキング

© Copyright Featuring Love Stamps. All Rights Reserved.